矯正歯科日記 インビザラインによるマウスピース矯正

インビザラインのミッドコース(やり直し)について

2015年6月29日

日に日に暑くなってきましたね!
梅雨の湿気と相まってむぁっとした陽気がさらに体感温度としての暑さを助長している感じがします。
夏ももうすぐそこですね―――――
皆さま、お身体にはくれぐれもお気を付けください。
7月

それでは早速、前回の続きインビザラインのやり直しについて少し詳しく書いていこうと思います。
前記事もあわせて読んで頂けたら嬉しいです^^

この「やり直し」、ただしくは「ミッドコース・コレクション」といいます。
ミッドコースとは、
″治療中にアライナーの適合性の問題が生じた場合、または、先生が設定された治療目標の変更があった場合、追加アライナーの注文を開始します。″
とインビザライン・ドクターサイトに記載がある通り、アライナーの再制作を依頼するものです。

新しいアライナー作成となれば当然、再検査をしなければならず、始める前に受けた検査と同じものを採得しなければなりません。
(患者さんと衛生士との絆が芽生える…)
採得したものはアメリカ本社へ送られ、クリンチェック(治療計画)の立て直しとなるので、当然その間治療は一時ストップです。
その際、せっかく動かした歯列が後戻りしないように保定の為のリテーナーを使用する必要があるわけです。(←今ココ。)

ミッドコース=やり直しと同義なので、ここまでの流れでもお分かりのように結構な手間ヒマを要します。

何度もお伝えしていますが、インビザラインは自己管理の比重がとても大きな治療法です。
装着時間をしっかり守っているつもりでいても、例えば平均のそれより10分の誤差があれば、2週間では140分となってしまい、そうした日々の小さなエラーが積もり積もってクリンチェックを狂わせてしまうのです。

今回の私の場合、ミッドコースとになった背景には、アライナーの装着時間を守られていない日があった、アライナーを着けたつもりでもしっかりはまっていなかったなどの原因が考えられ、それが今回のエラーに繋がったのではと指摘がありました。
これは、クリニックのスタッフという自負(誰よりも真面目にやってるし~という傲り)や、スタッフだった為に定期検診の間が2、3か月とあいてしまっても危機感なく過ごしてしまっていた事が要因かな…と。(情けない事ですが。涙)

日々の生活スタイルは千差万別ですから、こうしたエラーが一概に自己責任となるわけではありません。
そうそう。私は結構がんばっていましたし…(←自己弁護。汗)
もとより最初のクリンチェックと寸分違わずその通りにファイナルを迎える事はとても難しいようで…
シュミレーション通りとはいかない事、これはインビザラインに限ったことではないですよね。
というわけで、ほとんどがミッドコースの対象になるようです。
インビザライナーが必ず通る道だと思えば、そして、これまで以上の仕上がりを約束してくれるものとなれば、気も楽になりますよね。(主に私の。笑)

通院されている他のインビザライナーさん方は、月イチの定期検診にてしっかり先生がチェックをし、こうしたエラーの発生を未然に防いだりエラーが小さな内に早い段階で修正をしていきます。
その為、私のようなケースには至らないかと思いますが、矯正専門医である坂井先生は美の伝道師!
それ故、審美性にはものすごいこだわりと情熱をもって治療にあたってくださるので、クリンチェック通りに治療が進んでいても、見た目の完璧さを重視した結果ミッドコースとなるケースも少なくありません。
(完璧な審美性の追求のためという先生の情熱はそれはもうすごいんです‼)
IMG_4261
坂井先生のその情熱や熱心さ責任感が、仕上がりの美しさを実現してくれます!
本当に、自分の想像以上に綺麗になるので驚きますし、私もすっごく楽しみにしています^^

しかぁーし!
これはあくまで「平均装着時間(約20時間)を守っている」事が大前提となるため、しっかり気を付けていかないと私のように調子に乗ってしまった挙句のやり直しとなってしまう事も。
反省…(しっかり守っていたつもりでしたが)
ちなみに、初めに設定したクリンチェックの治療期間(治療終了予定日)内であれば、この「やり直し」はインビザライン装置代金に含まれます。(ミッドコースという名の通り)
よほどの不真面目さんでなければ、追加料金が発生する事は(基本的には)ありませんのでご安心くださいね^^

これまた今回も長々とおつかれさまでした。
新しいアライナーが届くまでは、しばらくこのままになりますが、その間にもやっておきたい事がいっぱい!
次回はリテーナー期間中にやっておいた方が良い事について書いていきたいと思いますので、よろしくお付き合い頂けたらうれしいです♪

栗田

 

 

LINE公式アカウントはじめました♪
ご登録はこちらから↓
 友だち追加数

サカイクリニック62
tel.03-6455-1813
〒150-0043 渋谷区道玄坂1-18-5渋谷AXヒルズ9F
口腔外科歯科・矯正歯科・ホワイトニング 美容皮膚科・再生療法・顎関節症
■ 診療時間 12:00~20:00
■ 休診日  水曜・日曜・祝日

インビザライン終了!と思いきや…

2015年6月19日

6月も半ばに入りました。
晴れている日は気温も高く、今年の夏は暑くなりそうな予感がしますね。
雨の日をハッピーに!と可愛い長靴を買おうと思い立った昨年。
届いたと同時に梅雨明けを迎えてしまったので、今年はと楽しみにしていたのですが、なんの因果か長靴を履くほどの雨には遭遇できず…
まさか今年もお蔵入りか?!と長靴への必然性に疑問がもたげてきてますが、いやいや、しかしながら今はまだ6月中旬。
活躍の機会もあるだろうと心の中で密かに雨乞いをしています。(笑)
thGPPOZ4FC

 

さてさて、前回5/23のブログでは下顎ラストのアライナーになった!と書いたので、その後どうなったのか皆さま気になっていたのではないでしょうか?(気にしていてほしい…)
下顎の総数29枚、一応その枚数は消費を終えました!
そして、現在。
上下のアタッチメントは全て外れ、リテーナー生活を送っています。
リテーナーとは、主に矯正終了後、揃えた歯列を保定させるために使用するマウスピースの事。
ワイヤー矯正の場合などは、装置を全てはずし歯列が揃った後リテーナーの使用を言い渡され歯科医院での治療がひとまず終わりを迎えます。

これまでの経過をご存じの方、私の上顎アライナー総数は41枚だったので、リテーナーの使用は早いんじゃない?矯正終了はまだ先なのでは?!と気づかれたかもしれませんね。
なんと私のインビザライン、やり直しになってしまいました…

実はラス2のアライナー(28枚目)の時点で違和感はありました。
たしかに左右2本ずつの前歯はしっかり揃いはしましたが、がたがただったなごりか、根本部分が斜めになっており4本が放射状に外へ向かって生えているような見た目が気になっていたのです。
最後にピシッと真っ直ぐになるのかな~と期待していたら、そのまま予定枚数が終了しそうになった為、これはおかしいのではないか?とようやく先生に報告をしたのが29枚目終了間際でした。
IMG_3057
(現在の私の歯の模型)

クリンチェックではしっかり真っ直ぐになっているのですが、現状は矢印で表した扇形のように見えます。
IMG_3045

また、左右の犬歯の隣接歯にアライナーがはまらず、浮いた状態になってしまっていたのも28枚目から。
模型を確認すると、その歯が他のものより下がっている事が判明しました。
IMG_3059
IMG_3052

クリンチェックではなだらかです。
IMG_3060
IMG_3051

ちなみに灰色の部分が実際の歯の位置。
青のラインをひいたらどのくらい落差があるのか確認できました。

もちろん、元々の歯並びからすると比べようもない程ぴしっと揃っていますし、その頃の私なら確かに満足していたと思います。
ただ、下顎全てのアライナーを終えた今、並びが揃うだけでは美しいとはいえないのだという事を痛感すると共に、そういった部分こそ専門医としての坂井先生が最重要視しているのだと、この「やり直し」で身をもって理解しました。
完璧な審美性の追求にかける坂井先生たるや!(←また後ほどブログを書きます^^)
改めて、坂井先生に矯正治療を診て頂ける幸運に感謝です♪

なんだかまた長~くなってしまいました。読み進めるのは大変だと思います…すみません。
次のブログでは、この「インビザラインのやり直し(ミッドコース)」について詳しく書いていきたいと思います^^

栗田

 

 

LINE公式アカウントはじめました♪
ご登録はこちらから↓
 友だち追加数

サカイクリニック62
tel.03-6455-1813
〒150-0043 渋谷区道玄坂1-18-5渋谷AXヒルズ9F
口腔外科歯科・矯正歯科・ホワイトニング 美容皮膚科・再生療法・顎関節症
■ 診療時間 12:00~20:00
■ 休診日  水曜・日曜・祝日

ページのトップに戻る▲ページのトップに戻る