矯正歯科日記 インビザラインによるマウスピース矯正

インビザライン中の虫歯

2015年4月25日

4月もなんやかやあっという間でしたね!
もしかしたら、今日からゴールデンウィークという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
長いお休みが取れたら、思い切って遠くへ足を伸ばすのもいいですよね^^
知り合いのご夫婦などは、この機会に新婚旅行を計画されているようで、行先がなんとキューバだそう(驚)
なんでも「チェ・ゲバラ」の大ファンという事で、縁の地へ向かう決断をされたそうなのですが、それもこの大型連休あっての醍醐味ですよね。

表題からは大幅にそれてしまいましたが、当院は暦通りのお休みとなっておりますので、診療日に関しましてはTOPページのカレンダーをご参照ください^^

さてさて、下顎はアライナーが終了に近付いている!とのお話は前回もテンション高くお伝えしましたが、見た目もかなり揃ってきているので、鏡があるとつい己の歯を確認してしまいたい衝動と戦っています。
しかしながら下の歯をじっくり見ようとすると、顎をグッと大きくしゃくりかつ歯が見えるよう上唇をそらして全歯を思いきり露出させるという、誰にも披露できないような顔面に自然となってしまっているので要注意(←するのは自分)です。
もちろん、自宅や化粧室など限られた場に極力留めてはいますが、例えば外出先のエスカレーターなど、さぁ見よとばかりに鏡に囲まれた空間が辛い今日この頃。(笑)
エスカレーター
(表参道東急プラザはその衝動を抑えるのが特に大変な場所!)

アライナーは28枚目に交換となり、とうとうラス1を残すのみです‼
26枚目からそうでしたが、最近はNewアライナーへ交換しても前ほどきつい感じがなく、交換初日から2週間を共に過ごしてきたかのように馴染んでしまうので、なんだか物足りないほどです。
左側の抜歯した部分も、見た目にスペースはほとんど見えなくなっているので(フロスを通すとまだスースーします)、あと1枚で終わりなのも頷けます。
う~ん感慨深い。

歯が揃ってくるにしたがい徐々に明らかになってきているのは、隠れていた虫歯!
やっぱり歯並びが不揃いだと、虫歯ができやすいのもそうですが、とにかく見えにくい死角となってしまうため治療ができず、気づいたら神経や抜歯ケースとなってしまうというのが一番ある(そして哀しい…)と思います。
見えない、見落とす、隠れているの三拍子で進行している事すら気づかないので今考えるとぞっとします。

月イチの先生のチェックでは可能な範囲で、治療も同時進行してもらっています。
インビザラインの場合、クリンチェックの承認後は必然的に矯正終了後までのアライナーが送られてくるため、歯の形が変わってしまう事でマウスピースがはまらなくなってしまう恐れから、虫歯治療を並行して行う歯科医院は中々ありません。
治療をするにしても、マウスピースとの差異がないよう、虫歯部分を削った後はそっくり同じように詰め物をしなければならず、インビザライン故の精密さ丁寧さが求められるためか、並行して行う医院が少ないのも、患者目線では納得いきませんが理解できます。
そんな高い技術の治療ができるのも、坂井院長の専門医としての確かな経験によるもので、患者の立場の私としても虫歯に苛まれる事なく並行して治療してもらえるのは本当に助かります。
表題の件、気になっていた方も多くいらっしゃったかと思いますが、そんな感じで当院では治療をしていますので、矯正終了後は虫歯もなく名実ともにキレイな歯になるので、うれしさも倍増ですよね^^

自分の笑顔が嫌いだった頃は自分の歯にももちろん興味はなく、歯医者さんに罹ることすらいやでいやでしょうがなくどうなってもいいとなげやりな思いでした。
そんな状態だったので老後はもしかしたら総入れ歯かも…
それはいやだな…
老後に歯並びが揃ってもな…
とにかくせめて覚悟だけはしておこう…といった訳の分からない葛藤をしていたことももはや遠い昔です。
まだまだ治療途中で、キレイになったとは言い難い今の私の歯並びですが、ここまでだけでも始めてよかったな、と本当に思っています。
悩んでる方の参考になるものを、これからもお伝えできるよう頑張りますので、少しでもご興味持って見守って頂けるとうれしいです。

栗田
 

 

LINE公式アカウントはじめました♪
ご登録はこちらから↓
 友だち追加数

サカイクリニック62
tel.03-6455-1813
〒150-0043 渋谷区道玄坂1-18-5渋谷AXヒルズ9F
口腔外科歯科・矯正歯科・ホワイトニング 美容皮膚科・再生療法・顎関節症
■ 診療時間 12:00~20:00
■ 休診日  水曜・日曜・祝日

ページのトップに戻る▲ページのトップに戻る